転職について

Job Offers

これまでの転職事情について

接客・販売業界のこれまでの転職事情について書いていきます。これまでは経験者や同業界の転職者を採用する傾向がありました。これは即戦力として活躍できることが期待できるからです。そのため、なかなかの他の業界からの参入は難しいものがありました。もちろん、他の業界に比べると、まだ参入しやすい業界ではありました。しかしながら、現在はダイバーシティ採用を積極的に行う企業が増えてきたため、ますます異業種や異業界からの参入が増えそうです。そこで、重要なことは実務経験よりもブランドに対する興味・関心です。なぜなら、そのブランドに求められる接客技術の習得意欲につながるからです。転職者はこうした状況を把握して転職活動を行うと一層可能性の幅が広がります。

今後の動向の予測について

接客・販売業界の採用事情について、今後の動向に関しては、現在の傾向が続く見込みです。つまり、ダイバーシティ採用が積極的になっていますが、今後もその傾向が強くなりそうです。なぜなら、販売員はただブランドを売るだけではありません。購買アドバイザーでもあるのです。購買アドバイザーには、そのブランドについて深く理解しているかが求められます。そのため、実務経験よりもいかにそのブランドに関心や興味があるかを重視します。したがって、異業種からの参入に対しても拒否感はなく、興味・関心があれば積極的に採用したいという思いがあります。やはり顧客にとって良いアドバイザーになることができるかどうかは、今後の売上拡大の大きな要因になります。